●主な産地
群馬
千葉
神奈川
愛知

●出荷期間
周年入荷

原産地は地中海沿岸といわれています。語源は「cabbage(キャベジ)」(頭の意味)がなまって「キャベツ」になったとのことです。本県の嬬恋村は、夏秋キャベツの日本一の生産地です。7〜10月まで県内全体では2千万ケース、約1億6千万個が出回ります。栄養価の面でも他の野菜に引けをとりません。ビタミンC・カロテンを多く含み、特にビタミンUは胃腸薬に使われ整腸効果を発揮します。良いものを選ぶコツは、春系はやわらかく弾力性のあるもの、寒玉系は巻きが硬くズッシリと重量感のあるものを選びます。お勧めの一品料理は、キャベツを多めに、玉葱、人参をきざんで、市販の「めんつゆ」で炒め、最後に生卵をかけてとじると、そのまま丼に載せれば健康第一「キャベツ丼」、お皿に載せてツマミの一品にどうぞ。

注:商品の 【販売・お問合せ】 等は お近くの販売店でお願いします